楽に穏やかに暮らす

敏感で疲れやすい私が選んだ「最小限の家事ライフ」

楽に穏やかに暮らす

義実家でほめられた「黒豆」

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

読者登録、はてなスターはてなブックマークにポチッとありがとうございます。

 

本日、2記事目です。

 

 

 

 

義実家でほめられた「黒豆」

 

今年の年始に、2年ぶりに義実家に帰省しました。

 

帰省の疲れがとれるまで、2週間かかってしまったものの、「義実家に行って、とても嬉しかったこと」があるので記事にします。

 

f:id:raku-kurashi:20220119081132j:plain

 

義実家からは、夏は毎週末、冬は月2回くらい、野菜などの食品が届きます。

 

その中には、タッパーに入ってくる食品もあります。

 

義実家のタッパーは、必ず返却するようにしていて、今回は帰省のタイミングで持ち帰りました。

 

raku-kurashi.hatenablog.jp

 

義実家のお味噌を入れていたタッパーも、5年越しで返却です。

 

「タッパーたちだけをお返しするのは少し寂しいね」と主人が話していたので、タッパーの中に、手料理を入れて持ち帰ることにしました。

 

といっても、私はお料理上手ではないので一品だけです。

 

f:id:raku-kurashi:20220119081641j:plain

 

お正月なこともあり、義実家で作った「黒豆」を使って甘く煮ました

 

あまりにも簡単に作れてしまいますが、見た目もツヤツヤ、適度な甘さなので、私のお気に入りです。

 

レシピは【こちら】です。

 

f:id:raku-kurashi:20220119081932j:plain

 

義実家で、まずはお父さんが食べてくださり、「おいしい」と一言だけ言って、パクパク食べてくださいました。

 

口数が少なくてもパクパク食べてもらえるので、美味しく食べてくださっていることが伝わってきました。

 

そして、お義母さんが食べてくれた時、「これ美味しいわね!」と第一声。

 

f:id:raku-kurashi:20220119082248j:plain


そして、黒豆をまじまじ見ながら、「シワシワになっていないわね~!上手だわ」と言ってくださいました。

 

お義母さんとの距離感がわからず、いまだによくわかっていないです。

 

そんな中、お義母さんから黒豆を褒められたので、嬉しすぎました。

 

まとめ

 

黒豆のレシピは、数年前に偶然見つけたもので、圧力鍋で簡単に作れることを知ったので、何度もリピートして作っています。

 

義実家で作った黒豆を大量にいただいているので、季節に関係なく、年間通して作っています。

 

 

 

 

最後に、黒豆の写真です。

 

簡単に作れるお料理で、美味しく出来上がるレシピが最高です。

 

f:id:raku-kurashi:20220119083905j:plain

 

 

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村