楽に穏やかに暮らす

敏感で疲れやすい私が選んだ「最小限の家事ライフ」

楽に穏やかに暮らす

冬の室温を快適な温度にする方法

読者登録、はてなスターはてなブックマークにポチッとありがとうございます。

 

f:id:raku-kurashi:20211028191908j:plain

 

今週は2回の来客があり、久しぶりにゆっくり自宅でお喋りできることが嬉しかったです。

 

今朝は7時半前までに掃除関係が終わったので、残っている家事は「夕食作り」だけです。

 

チャチャっと夕食を作ったら、体を休めたり、ピアノを弾いたりします。

 

 

 

 

「つい立て」が効果あり!

 

寒い季節に突入したので、とてつもなく寒がりな私にとって厳しい時期ですが、いかにお部屋を暖かくするのか、作戦を開始しました。

 

ダイニングの窓の下に、室温を測定できる機器があります。

 

f:id:raku-kurashi:20211028185028j:plain


白くて小さいのでわかりにくいのですが、我が家のダイニングの「エアコン」「照明」「テレビ」を遠隔操作するためのデジタル機器です。

 

この機器については、以前のブログで書きました。

 

raku-kurashi.hatenablog.jp

 

ネイチャーリモ ミニ」という商品で、現在の室温をスマホ画面で知ることができます。

 

f:id:raku-kurashi:20211028185507j:plain

 

ある日の朝の室温が、「20.8度」となっており、私が心地いいと感じる室温よりも約5度低かったです。

 

f:id:raku-kurashi:20211028185556p:plain

 

原因は、窓が薄いので窓からの冷気が寒いからです。

 

f:id:raku-kurashi:20211028184138j:plain

 

窓からの冷気でお部屋の中の空気の温度が下がっていくのがわかります。

 

そこで使っているのが、「つい立て」です。

 

f:id:raku-kurashi:20211028184302j:plain

 

陽の光をさえぎらないように、高さが低めの「つい立て」を使っています。

 

 

カフェカーテンをすれば、「つい立て」の存在もわからないです。

 

f:id:raku-kurashi:20211028184851j:plain

 

「つい立て」をした後、日中の室温は「26.8度」まで上がりました。

 

f:id:raku-kurashi:20211028185801p:plain

 

室温が「26度」あると、寒さを感じて体に力が入りすぎることなく、心地よく過ごすことができます。

 

今のところ、「暖房エアコン」を入れて「つい立て」をしているだけで、日中は「26度」をキープすることができています。

 

 

まとめ

 

「つい立て」をすることで、窓からの冷気を防ぎ、ダイニングの室温が下がりすぎないように工夫をしている話でした。

 

ついでですが、「ネイチャーリモ ミニ」は、「エアコン」の遠隔操作ができるだけでなく、タイマーセットや設定気温でON/OFFできる機能もあり、とても便利です。

 

 

我が家では、「テレビ」や「照明」ではなくて主に「エアコン」操作で使っていて、とても重宝しています。

 

 

 

 

最後に、ケーキの写真を載せます。

 

心地のいい室温の中で、ティータイムできるのが幸せです。

 

ポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

f:id:raku-kurashi:20211028191833j:plain