楽に穏やかに暮らす

敏感で疲れやすい私が選んだ「最小限の家事ライフ」

楽に穏やかに暮らす

初心者でもできる「おはぎ」の作り方

読者登録、はてなスターはてなブックマークにポチッとありがとうございます。

 

f:id:raku-kurashi:20210321122612j:plain

 

昨日は、朝の7時から「おはぎ作り」に挑戦して、朝の9時半に作り終わり、10時から2時間ほど横になって体を休めました。

 

夕方に調子に乗って、久しぶりに少しのお酒とおつまみをいただいたら、胃を荒らしてしまい、夜遅くまで具合が悪くて苦しみました。

 

低気圧で頭痛もひどく、腰の調子もいまいちで、今の自分の体の状態が悲しくなり涙が出ました。

 

ads by google

 

 

初心者でもできる「おはぎ」の作り方

 

2日間にわけて、おはぎ作りに挑戦しました。

 

1日目に1時間であんこを作り、2日目に2時間半かけておはぎを完成させました。

 

f:id:raku-kurashi:20210321120017j:plain

 

人生初、自分で250gの小豆を購入して、手作りのあんこを作ります。

 

あんこの作り方のレシピはこちら

 

圧力鍋で15分間加圧をして、自然冷却させてから味付け後、20分程度煮詰めたら、あんこの完成です。

 

f:id:raku-kurashi:20210321120347j:plain

 

2日目は、「もち米 2合」+「うるち米0.5合」+「水2.5合分」を1時間置いてから、炊きます

 

炊きあがったらすぐに、ご飯粒が半分くらい残るようにつぶす「半つぶし」をします。

 

前日に作ったあんこと「半つぶし」のご飯を、丸めて並べます。

 

f:id:raku-kurashi:20210321120842j:plain

 

ラップを使って、包んでいきます。

 

あんこを平らにした上に、丸めたご飯をのせます。

 

f:id:raku-kurashi:20210321120927j:plain

 

ふわっと包んで、まとめます。

 

f:id:raku-kurashi:20210321120958j:plain

 

ラップを指で止めます。

 

f:id:raku-kurashi:20210321121113j:plain

 

くるくると回すと、あんこがご飯のまわりに広がって、出来上がります。

 

f:id:raku-kurashi:20210321121151j:plain

 

あんことご飯の量は、「1:1」くらいで作りましたが、「3:2」くらいの比率で、ご飯を少な目にしてもよかったのかなと思っています。

 

ついでに、「きな粉」と「すりごま」を丸めたご飯にまぶしたところ、3種類のおはぎが出来上がりました。

 

f:id:raku-kurashi:20210321121403j:plain

 

あんこが冷えていた方がおはぎを作りやすいため、前日のうちにあんこを作ってしまうと、スムーズにおはぎ作りに着手できます。

 

 

まとめ

 

母が必ずお彼岸のときにおはぎを作っているので、私も「手作りおはぎ」を作りたいとずっと思っていました。

 

あんこを簡単につくるレシピに出会い、あんこ作りのハードルが下がったので、これからは、手作りのあんこ作りができそうです。

 

ads by google

 

 

最後に、おはぎの写真です。

 

お料理が苦手な自分でも、おはぎを作ることができて嬉しかったです。

 

ポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

f:id:raku-kurashi:20210321122826j:plain