楽に穏やかに暮らす

敏感で疲れやすい私が選んだ「最小限の家事ライフ」

楽に穏やかに暮らす

夫が食器洗いをできるようになった理由

読者登録、はてなスターはてなブックマークにポチッとありがとうございます。

 

f:id:raku-kurashi:20210310063854j:plain

 

昨日は、朝6時までに1時間の朝家事をしてからゆっくり過ごしました。

 

9時頃に夕食を作り、午前中に2時間体を休めました。

 

午後は、宅配生協の受取があり、野菜を冷蔵庫に入れようと思ったら、先週注文してまだ消費していない野菜と重複しているものがあり、「ナス」と「アスパラガス」が大量になってしまいました。

 

ads by google

 

 

今回の記事は、「食器洗いが苦手な方」に向けて、少しでも参考になるように書いてみます。

 

夫が食器洗いをできるようになった理由

 

最近、主人が食器を洗ってくれるようになりました。

 

片付けが苦手な主人が洗い物ができるようになった理由が知りたくて、主人に聞いてみました。

 

f:id:raku-kurashi:20210310063837j:plain

 

きっかけは、「筒井チャンネル」というお料理のYouTube動画だそうです。

 

お料理が好きな主人は、「筒井チャンネル」を見ていることがあるようで、この動画の中に「リセット侍」という言葉が出てきます。

 

お料理をしながらキッチンを片づけていく様子を「リセット侍」と名付けて、動画にしています。

 

f:id:raku-kurashi:20210310064115j:plain

 

動画を見て以来、「今からリセット侍するね!」と言いながら頑張って食器を洗うことが増えました。

 

侍のような気持になって勇気を振り絞って、主人は食器を洗うそうです。

 

結果、ダイニングテーブルの上もスッキリして、キッチンもスッキリして、気持ちがよくなる感覚を味わったようです。

  

f:id:raku-kurashi:20210310064415j:plain

 

食器を洗うと、スッキリして気分が良くなる」ということを覚えた主人は、それ以来、よく食器を洗うようになりました。

 

「片付けることは好きではないけれど、片付けたあとにスッキリするから」という理由で、洗い物ができるようになったようです。

 

 

食器洗いは手間のかかるの事ですが、「手間をかけた後の気持ち」がポイントなのかなと思いました。

 

まとめ

 

筒井チャンネル」に出てくる「リセット侍」のお陰で、主人が食器を洗うきっかけができました。

 

結果、「スッキリする」という小さな感動を感じて、洗い物ができるようになりました。

 

「侍」という言葉は、手間だと感じる家事をしようと気持ちを奮い立たせる時に、ぴったりな言葉だと感じました。

  

ads by google

 

 

最後に、お料理の写真を載せます。

 

「クッキング侍」という言葉を作って、わたしも苦手なお料理を頑張ります。

 

ポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

f:id:raku-kurashi:20210311064227j:plain