楽に穏やかに暮らす

敏感で疲れやすい私が選んだ「最小限の家事ライフ」

楽に穏やかに暮らす

シンプルな空間に適したカーテンタッセル

読者登録、はてなスターはてなブックマークにポチッとありがとうございます。

 

f:id:raku-kurashi:20210302061741j:plain

 

昨日も朝5時に起きて、朝家事1時間をしてから、「掃除機かけ」「トイレ掃除」「夕食作り」などの一日の家事を朝7時半までに終わらせました。

 

お昼寝をしてから、午後は30分程お散歩をしてリフレッシュになりました。

 

一人時間が長くて、誰とも話さない時間が多いので、うまくリフレッシュをしながら、自分時間を楽しみたいです。

 

ads by google

 

 

今回の記事は、「カーテンを留めるパーツがなくて困っている方」に向けて、少しでも参考になるように書いてみます。

 

シンプルな空間に適したカーテンタッセル

 

f:id:raku-kurashi:20210217150809p:plain

 

我が家のダイニングにある窓は、カフェカーテンと普通のカーテンを組み合わせて使っています。

 

f:id:raku-kurashi:20210217093513j:plain

 

窓の端に焦点を当てて、見てみると・・・

 

f:id:raku-kurashi:20210217093933j:plain

 

カーテンタッセルを留めるための「ふさかけ」が存在しないです。

 

「ふさかけ」がない窓に初めて出会ったので、今のおうちに引っ越してきた最初の頃は、アイデアが浮かばずに、輪ゴムで止めていました。

 

ある時に、カーテンタッセルの存在を知って、色々調べているうちに、マグネット付きで簡単に取り外しのできるカーテンタッセルを見つけました

 

f:id:raku-kurashi:20210217093852j:plain

 

マグネットの部分をはずしてみると・・・

 

f:id:raku-kurashi:20210217094121j:plain

 

ささっとマグネットの部分が外れて、取り外しが便利です。

 

デザインもシンプルで、様々な色から選ぶことができるので、我が家はカーテンの色に合わせて、ゴールドに近い色にしてみました。

 

日中にカーテンを開けているときは、カーテンタッセルをカーテンの真ん中あたりにひっかけて、カーテンを止めます

 

f:id:raku-kurashi:20210217094252j:plain

 

夜にカーテンを閉めて、カーテンタッセルを使わないときは、窓の淵に置きます

 

置く場所は、下の写真の矢印で示した部分です。

 

f:id:raku-kurashi:20210217094618j:plain

 

カーテンを閉めると、カーテンタッセルを置いている部分が隠れてしまうので、見た目もスッキリです。

 

矢印で示した部分は、秋から春の季節にかけて、窓に白い「つい立て」を置いているので、今の窓の様子は少し見栄えがいまいちですが、寒さ対策のためです。

 

raku-kurashi.hatenablog.jp

 

話は戻って、マグネット付きでシンプルなデザインのカーテンタッセルは、使いやすくて、シンプルなお部屋作りにはぴったりでした。

 

我が家は賃貸マンションなので、壁に穴をあけて「ふさかけ」を設置しなくてもカーテンを留められるので、助かります。

 

まとめ

 

我が家では、2019年にamazonで購入をしました。

 

 

色の選択肢があるので、自宅の雰囲気に合わせたカーテンタッセルを選ぶことができます。

 

デザインもシンプルで、我が家で使っている色はお部屋とカーテンの色に合わせたので、オシャレ感も出ていると思っています。

  

ads by google

 

 

最後に、自然の写真を載せます。

 

海が見える窓の景色は、贅沢な気分になります。

 

ポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

f:id:raku-kurashi:20210217101212j:plain