楽に穏やかに暮らす

敏感で疲れやすい私が選んだ「最小限の家事ライフ」

楽に穏やかに暮らす

自粛生活を快適に暮らした結果

読者登録、はてなスターはてなブックマークにポチッとありがとうございます。

 

f:id:raku-kurashi:20210222111325j:plain

 

友人と話していた時に、友人が断捨離をして物を減らしている話になりました。

 

片づけが苦手だった友人が断捨離するようになったきっかけは、「自粛生活で外出できないから」だそうです。

 

「みょんちゃんのおうちは、更にスッキリしていそうだね」という話になり、振り返ってみたら、我が家は物が増えていることに気づきました。

 

ads by google

 

 

今回の記事は、「徒然日記」になりますが、お時間のある方は最後までお付き合いくださいませ。

 

おうち時間を充実させたら物が増えた

 

f:id:raku-kurashi:20210222113604p:plain

 

昨年の春から自粛生活をしている我が家ですが、コロナ禍なので、土日や祝日にお出掛けをすることがなくなりました。

 

おうちに居る時間が増えたのですが、私自身は平日も一人でおうちで過ごす時間が長いので、うまく適応できていると思っています。

 

一方、外に出掛けたい主人にとっては、気分転換やストレス発散になる外出ができなくなったので、その代わりになるものが必要になりました。

 

f:id:raku-kurashi:20210222105151j:plain

 

昨年の春から始まった自粛生活が長引く中で、秋ごろから主人が始めた「手ごねパン作り」が週末の日課になりました。

 

よりパンを作りやすい環境をととのえるために、「パンこね台」を購入しています。

 

raku-kurashi.hatenablog.jp

 

そして、最近はお菓子作りもしています。

 

お菓子作りは昔の私の趣味でしたが断捨離しており、今は主人の趣味になりつつあります。

 

そこで、お菓子作りやパン作りで必要になった道具を購入しています。

 

f:id:raku-kurashi:20210222110015j:plain

 

我が家のキッチン収納は広くはなく、あまり物を増やしたくないので、「今後2,3回しか使わない予定の道具」は購入しないで、他の道具で代用してもらっています。

 

自粛生活が終わって外出ができるようになったら、おうち時間が減るので、「パン作り」や「お菓子作り」が一時的な趣味になる可能性があります。

 

長期的に見て「使うもの」を購入するようにしていますが、快適に暮らすために、自粛生活に適応するための投資も少しは必要だと感じています。

 

f:id:raku-kurashi:20210222110626j:plain

 

「パン作り」「お菓子作り」のほかに、主人用に、ゲームの「switch」も購入しました。

 

まとめ

 

自粛生活で外出できなくなった我が家は、おうち時間を快適に暮らすために、物が増えました

 

いつも「7割収納」を目指して物を保管している我が家なので、物が少し増えても収納スペースは確保できました。

 

「7割収納」は、緊急で物が増えても収納できるので便利です。

 

ads by google

 

 

最後に、テレビボードの写真を載せます。

 

テレビボードも「7割収納」にしていたので、switchを収納する場所を確保できました。

 

ポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

f:id:raku-kurashi:20210222112818j:plain