楽に穏やかに暮らす

敏感で疲れやすい私が選んだ「最小限の家事ライフ」

楽に穏やかに暮らす

スッキリした空間で暮らすコツ

読者登録、はてなスターはてなブックマークにポチッとありがとうございます。

 

f:id:raku-kurashi:20201227145610j:plain

 

昨日は仕事だったので、朝5時に起きて6時に主人を送り出してから、出勤直前まで体を休めました。

 

1時間の残業をして4時間勤務ができ、体力が少しでもあることに喜びを感じ、帰宅しました。

 

帰宅後は、3時間程度横になって体を休めたら、18時頃に復活しました。

 

ads by google

 

 

今回の記事は、「スッキリ暮らしたい方」に向けて、少しでも参考になるように書いてみます。

 

スッキリした空間で暮らすコツ

 

f:id:raku-kurashi:20210116074045p:plain

 

片付けや断捨離が苦手な主人と話していた時に、「洗って干している食器を必ず食器棚にしまう習慣があるのはなぜだろう?」という話題になりました。

 

そして、「大きなことは小さなことから類推できる。」というような言葉があります。

 

というわけで、水切りラックに干している食器を片付けて、スッキリさせているという小さな事柄が、「スッキリした空間で暮らしているコツ」につながる話なのかなと思いました。

 

f:id:raku-kurashi:20201227145659j:plain

 

そこで、「スッキリした空間で暮らすコツ」について少し掘り下げて考えてみることにします。

 

今のおうちは狭いですが、物を整えてスッキリ暮らしているつもりです。

 

「スッキリ」というのは、「物が定位置に置いてあり、乱れていると感じる物が空間にない状態」というイメージです。

 

f:id:raku-kurashi:20201227145722j:plain

 

スッキリした空間にするために、心掛けていることは一つです。

 

「物を整えることを後回しにしない。」ということです。

 

別の言い方をすると、「片付けることを先に終わらせる」ということです。

 

f:id:raku-kurashi:20201227145740j:plain

 

「片付ける」という作業を「先にするのか後にするのか」という行動の選択が、「スッキリした空間をつくれるかどうか」だと感じています。

 

「片付ける」とは「物を定位置に戻すこと」で、物が定位置に戻った時点で片付けは終わりです。

 

片付けには終わりがあると思っています。

 

f:id:raku-kurashi:20201227145757j:plain

 

人によっては、「片付けるのが面倒だわ」という方もいらっしゃると思うので、「面倒なことを先にするのか後にするか」という選択になると思います。

 

スッキリした空間で暮らすには、「面倒なことを先にする」です。

 

まとめ

 

なんだか当たり前の話をしてしまった感じがありますが、我が家は「片付けを先にする」という事を実践することで、「スッキリした空間」を保っています

 

スーパーなどの買い出しから帰宅したときが、一番片付けるのが大変なタイミングです。

 

物がおうちに入ってきて、定位置を決めたり、定位置に置いたりするという片付ける作業が一番発生するからです。

 

最初の話に戻りますが、水切りラックに干している食器が乾いたら、すぐに食器棚に片付ける習慣は、「スッキリした空間で暮らす」ことを実現してくれるコツのヒントになりました。

 

ads by google

 

 

最後に、キッチンの写真です。

 

水切りラックは、スッキリしています。

 

ポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

f:id:raku-kurashi:20201227144559j:plain