楽に穏やかに暮らす

敏感で疲れやすい私が選んだ「最小限の家事ライフ」

楽に穏やかに暮らす

家事に追われないためには?

読者登録、はてなスターはてなブックマークにポチッとありがとうございます。

 

昨日に引き続き、ブログ更新をしております。

 

f:id:raku-kurashi:20201225190538j:plain

 

今朝は、2日遅れの七草がゆを食べて、お正月飾りを片付けました。

 

コロナ感染拡大が気になって、昨晩ニュースを見たら、動揺して不安になってしまったので、今まで通り、必要最小限のニュースを見て過ごすことにします。

 

今日から三連休なので、引き続き自粛生活をして、ゆっくりします。

 

f:id:raku-kurashi:20210101102200j:plain

 

今回の記事は、「家事に追われたくない方」に向けて、少しでも参考になるように書いてみます。

 

家事に追われないためには?

 

以前の記事で、「丁寧な暮らしは物事に追われないから実現できているのではないか」というような事を書きました。

 

raku-kurashi.hatenablog.jp

 

物事に追われないということは、主婦にとっては「家事に追われない」という意味になるわけですが、今日は「どうしたら家事に追われなくてすむのか」について、少し掘り下げて考えてみることにします。

 

f:id:raku-kurashi:20201225190526j:plain

 

今の暮らしは、長くても朝の3時間程度の家事を終えたら、ほぼ一日の家事が完了するような仕組みにしています。

 

夕方に残っている家事は、洗濯機のスイッチを朝入れたときに、洗濯乾燥が終わる時間が遅いので、「洗濯物を片付けてアイロンをかける」という作業があります。

 

夕方の家事も20分程度あれば終わるので、一日の大半の家事を朝の3時間以内で終わらせているイメージです。

 

f:id:raku-kurashi:20201225190930j:plain

  

そこで、「なぜ家事に追われないのか」をあたらめて考えてみると、2つの理由が思い当たりました。

  

  1. おうちの中が常に整っている
  2. 家事のルーティンが決まっている

 

「1」については、ミニマリストの方は体験済みだと思うのですが、おうちにある物が常に整っていると、「片付け」や「探し物」の時間がなくなり、時間ができます

 

物が少ないと整える対象の物も少ないので、特におうちの中が整いやすいと思っています。

 

f:id:raku-kurashi:20201225191346j:plain

 

「2」についですが、家事のことを見つめてみると、家事はやらなきゃいけないタスクが決まっています。

 

例えばおおまかに振り分けると、「お料理」「掃除」「洗濯」「片付け」「買い出し」のような感じです。

 

こういったタスクを「どこまでこだわるのか」の基準を決めてしまえばラクになります。

 

f:id:raku-kurashi:20201225191737j:plain

 

決まったタスクを決まった基準でこなしていく」というルールを決めて、ルーチン化をしてしまえば、家事をする内容が明確に決まります。

 

例えば、我が家の掃除の場合は、「しっかり掃除をする日のタスク」「大掃除にやるタスク」「掃除をしない日」というような3つの区分けをして掃除のタスクの基準を決めています。

 

まとめ

 

おうちの中が常に整っていて、家事をルーチン化していると、「家事に追われない暮らし」が実現できると思います。

 

最後に、ホテルのお部屋の写真を載せます。

 

ホテルのお部屋のような空間が理想です。

 

ポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

f:id:raku-kurashi:20201225193115j:plain