楽に穏やかに暮らす

ととのえてラクする日々

頑張った餃子作り

はてなスターにポチッとありがとうございます。

 

桜がかなり咲いているようです。

 

まだ見ることができていないので、近々お花見がてらお散歩しようと思います。

 

 

f:id:raku-kurashi:20200321103105j:plain

 

昨日、久しぶりに餃子を作りました。

 

餃子を作るタイミングは、ある条件がそろった時です。

 

  • 材料になる野菜が冷蔵庫にある程度そろっている
  • 体調がいい感じ
  • 時間に余裕がある

 

昨日はこの3つの条件がそろったので、餃子100個に挑戦しました。

 

といっても、餃子の具材を包むときは主人にも手伝ってもらいました。

 

我が家の餃子作りは手抜きですが、冷凍餃子などでおいしくて手軽に食べられる時代に、餃子を手作りするのは、料理が好きではない私にしてはよく頑張りました。

 

まず、野菜をみじん切りします。

 

f:id:raku-kurashi:20200321105829j:plain

 

かなり細かめにするので、野菜を切る作業でも結構時間かかります。

 

f:id:raku-kurashi:20200321103745j:plain

 

次にお肉。

 

チューブの「しょうが」「にんにく」を使って、挽肉と混ぜながらこねます。

 

f:id:raku-kurashi:20200321104002j:plain

 

そして、手抜きを発揮して、「味付けソース」を挽肉と混ぜ合わせます。

 

f:id:raku-kurashi:20200321105726j:plain 

 

野菜とお肉が整ったところで、両方を混ぜて手でこねます。

 

我が家は素手ではなく、ビニール手袋をはめて全てこねています。

 

f:id:raku-kurashi:20200321104123j:plain

 

餃子の具の出来上がり!

 

ここから、餃子の皮に具材を詰めて包みます。

 

包んだ時に餃子の皮が乾燥しないように、順次ラップしていきます。

 

ラップしたため画像がありませんが、昨日食べなかった分は冷凍したので、冷凍分の写真を載せます。

 

f:id:raku-kurashi:20200321104433j:plain

 

冷凍分は、1個1個くっつかないようにラップした餃子をまとめてフリーザーバッグに入れて、冷凍庫に保管します。

食べる分は、焼きます。

 

焼き方が重要なのでメモで書いてみました。

 

f:id:raku-kurashi:20200321105852j:plain


これで出来上がり!

 

f:id:raku-kurashi:20200321105320j:plain

 

見栄えはいまいちですが・・・美味しさは手作りがやっぱり一番です。
 

我が家流の手抜き餃子作りのご紹介でした。

 

具材を作ってから一旦休憩して、餃子の具を包んだので、かなり時間かかりましたが、無事100個の餃子を作ることができました。

 

具材が少し残ったので、リメイクをしてチヂミにしました。

 

チヂミ作りは主人がやってくれました。

 

「餃子の具 リメイク チヂミ」で検索をすると、作り方がわかります。

 

f:id:raku-kurashi:20200321110444j:plain

 

最後に、お花の写真を載せます。

 

春になってきて桜だけではなく色々なお花が咲いてくるのが楽しみです。

 

ポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

f:id:raku-kurashi:20200321110818j:plain